忍者ブログ
PBW「シルバーレイン」のキャラクター「南雲・レイジ(b47935)」「イレーナ・ファングバード(b58075)」のブログです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


レポート 5/1 仙台オフ

現地にはスタート30分前に来場…のはずだが、
来た時点でまだ設営が終わっていませんでした。

そういえば仙台は大規模オフは初めて…ちょっとだけ不安を抱きつつ、少し待つことに。
うえむら社長も仙台に関しては少し気にしておられたなと思いつつ…

社員さんがこられたので挨拶…ところが社長がいません。
え? 怪我? 札幌オフが終わった後に?
じゃあ今日は社長抜きですか…テレビ電話で中継!?

ASH驚異のメカニズムに脱帽です。そしてはじめてASH有限会社の社長さんを目にしました。
これから東京から博多まで全て回ることになるなんて…

実はこの時点では、社長の追っかけができないのを悔しく思っていたり、
なんで自分が横断する時にこんなことに…と思ったりもしたのですが、

全ての旅が終わってから思い返すとこれはこれでよかったのかもと思うようになりました

そうこうするうちに設営も終わり、行方不明になっていたパンフレットなども見つかり、
なんとかスタートです。

主催さんや主催の方のお友達、スタッフのかたの乗りがよく、
ボケと突っ込みが乱れ飛ぶ、にぎやかなスタートとなりました。

ただし参加されたMSさんはお二人、イラマスさんはおひとりと、ちょっとさみしい状態。

仙台オフのイメージとして、やはり大規模ではないので
スタッフさん的にも参加者さん的にも、よくいえばアットホーム、のんびりとしたオフ会でした。


ただ、にぎやかさを装いつつ、話に加われなかったり、途中から来た参加者に対し、
さりげなく話の輪に入れたり、誰かの発言に対しては率先して拍手をしたり、
あとで聞いたところによると、仙台オフでの抽選会の景品の受け取りを忘れた方に、
わざわざ東京オフで景品をわたしにいったりといった、
スタッフの方々の細やかな心遣いに感銘を受けたオフ会となりました。

こういうのってすごくいいよね。

フリートークではおそらく常連さんなのんでしょう。音頭をとってくださった方がいて、
その方中心にシルバーレイントークでおお盛り上がりしました。
ありがたかったです。

そのうち数名で昼食に。ゴールデンウィークの土曜ということで、
どこも…特に吉野家まで並んでいる有様でしたが、なんとぁ牛タンのお店にもぐりこみオーダー。
そして食べる。食べる。食べ終わるまで皆無言。
質問タイムに間に合うようにお互い気を使っていた事が判明し、笑顔に。
もちろん間に合いました。

 

さて、中継もつながり、社長も交えてのトーク。
質問コーナーでは、野暮は承知で、ゆりゆり死亡時の「会いたかった人」は誰? ときいてみました。
社長曰く「ゆりゆりが死んだ以上わかりません」とのこと。やっぱり野暮だったなあと苦笑い。
実はその直後に「この質問、全ての会場で聞かれるんだろうね」と司会さんから突っ込みがあったのだが…

どこの会場でも聞かれませんでした(笑)。

私くらい野暮な人間はいなかったようで(笑)。


さて仙台オフでは、ギガンティア公開直後のオフ会ということもあって、
社長自ら、リーさんを操っての、デモンストレーションを開催。

そして、その際、なんと!
私のエンドブレイカーのキャラを同行者にしてくれました!!

社長曰く、バトピンが多彩で綺麗なのと、回復が役に立つから、とのこと。


ありがとうございます、ありがとうございます。
とっても嬉しかったです。
他の参加者の方が、私のキャラを見てかっこいい、といってくださったり。
(その場で「私のキャラです」とカミングアウトしたり)
至福の時でした。


楽しい時間も瞬く間に過ぎて、いよいよ終了です。
その日のうちに東京に行く予定だったので。
会場片づけのお手伝いや二次会に参加できなかったのは、残念でした。

とはいえ、仙台オフの主催さんとは翌日、東京オフでばったり…それもかなり印象的な再会をすることになるのですが、
それはその時のレポートで。


かくして、会場を後にし、新幹線に乗って東京まで。
それから上野のホテルに辿りつき、北の旅は終わりを告げるのです。

ちなみに御徒町に泊まったのですが…秋葉原にも上野にもひと駅、
地下鉄で会場の浅草までは10分ちょっとと、最高の立地条件だったといっておきます。

PR

レポート 5/1 仙台オフ

の・・・前日。

4/30
今回札幌から仙台までは、鉄道を使うことにした。
色々な人に聞いてみたが、たいてい飛行機を使うとのこと。
交通費の関係と、駅弁食べたいという単純な理由で鉄道にしたのだが…正直後悔した。

札幌から函館まで特急で三時間(笑)。
函館から青函トンネルを通り、青森県の八戸まで特急で三時間(笑)。
そして八戸から東北新幹線で仙台まで一時間半。
距離的には東北路が一番長い気がするんだが、やはり新幹線は偉大だった。
しか強風のせいで、八戸いく特急電車が徐行状態。そのせいで新幹線に乗り遅れるという。

無論JRもそれはわかっているので。何とか対応してくれたのだが、
結局朝の十時過ぎに出発して、仙台に到着したのが夕方の六時半過ぎというのに壮大にこける。

しかし面白いのは気候。
札幌は雨だった。乗り換えた函館はいい天気だった。
通過した青森は雨が降っていた。八戸はそこそこいい天気だった。
仙台は快晴だった。どうなってるんだ北海道東北地方!

まあ、駅弁の蟹飯が食えたので満足。
しかしざっと計算すると、飛行機と鉄道だと金額で六千円、時間で六時間の差。
タイムイズマネーといったところだが、どちらが重要なんだろうなあ…

かくにも夕方仙台に到着、
ステシがらみで札幌オフ、酷い目に合ったので
まずはホテルでステシの印刷…がうまくいかないので、漫画喫茶を求めてさまよう。
それらしいのに遭遇するのも、なんとデート喫茶だった。
勧誘にめげず、後にする。漫画ってかいてあるからネットもできると思いこんだんだよ…

無事、ステシの印刷も終了し(夕陽のチャットの皆さん、背景入りでの印刷方法、レクチャーして下さりありがとうございます)
余勢をかって、仙台駅の牛タンロードへ。
十五分くらい並び、人気ナンバーワンと目される利久で食事。
美味でござった。その足で、会場を下見してホテルに戻る。
狙っていたとはいえ、ホテルと道路二つ隔てたところに会場はあった。
ちょっと笑った。
 


日本縦断6連続公認イベント。

全部出ます!

烈火の剣侠児、南雲レイジの背後、みやびのでございます。
せっかくなので覚書程度にレポートなどを

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

レポート 4/29 札幌オフ

札幌には飛行機で前日入り。
当日に、滞在先のホテルの15分100円のパソコンで、ステシを印刷。
白黒しか印刷されない。軽く絶望。
おたおたしている間に、タイムアウト。EBのキャラのステシを印刷し忘れる。

開催一時間前に出発。
いきなり角度を90度間違え、あさっての方角に突撃。
どおりで公園が見えてこないわけだ。
外は雨、というか嵐。札幌オフ(の天気)が荒れると言うのは真実だった。

ひぃひぃ言いながらテレビ塔に到着。
二階ということで階段で上ろうとしたら、いつまでたっても辿りつかない。
二階は二階でも構造上、五階くらいの高さにあるようだ。
素直にエレベーターで。


到着。札幌オフは初めて。当然知り合いなどいるわけもない。
一人でぽつん。

そんなところに、うえむら社長が話しかけてくださった。すごく嬉しい。
10分ほど独占状態。こんなの東京や大阪じゃ考えられない。

本当にきてよかった。

これが本日最初のきてよかった。このあとなんども呟くことになる。

その後、お隣に別の参加者がこられる。
その方も札幌オフは初めてらしく、安堵し話し込む。
恐ろしいことにその方は、オフ当日の朝、結社の掲示板で自分の別キャラに話しかけてくださった方だった。
こちらも気づいてないし、あちらもわからないので、もったいないことをしたと思う。
(…後日、カミングアウトしました。うちの娘と仲良くしてやってくださいね)


スタート
いきなり自己紹介スタート。
この段階で知ってる方を何人か発見。そういえば北海道の方だったよなあ。
自分の番で全国縦断という名の社長の追っかけを宣言する。

 

その後、食事もかねたフリータイム。
恒例のカレー部というものがあるらしく、ついていってスープカレー横丁へ。
店舗ひとつ以外、店そのものがない。横丁?
なんとか人数分すわり、注文。普通の辛口を頼んだが舌が痛い。だがうまい。
初めてのスープカレー、おいしゅうございました。

戻ってきて雑談やフリートーク。
知り合いの人に話しかけたり、名刺を渡したらレイジを知っていてくれたり、
ありがたいことです。大神MSや旅望MSにも挨拶を伺い満足。
ここでお友達の背後さんから、別の会場に参加する人にとメッセージ付きの名刺を預かる。
ちゃんと渡しましたよ。


質問コーナーに突入。
みんなの質問は、何故か各クラスの教室の会話関係に集中。
さらには社長によるリベレイションの実演あり。多くの参加者がカメラ小僧と化す(含む私)。

わたしからはEBの特徴や、ステシの結社の表示順の変更を銀雨に持ってこれないかという要望。
特徴はEBの根幹のシステムなので難しいが、表示順は言ってもらえれば検討するとのこと。

そして札幌オフ恒例(?)社長へのバカ質問大会に突入。
ちなみに社長の好きな超人はプリズマンで好きなトランスフォーマーはロディマスコンボイらしい。

素敵。

抽選会、フリートークを得て、社長以下社員さん、MSさん退場。万雷の拍手。
片付けやごみ拾いをして解散。

ただ…せっかくなので二次会に参加させてもらった。100分間ジンギスカン食べ放題。
唯一の道外出身ということで焼いていただいたり、これ食べられるよとよそっていただいたりする。
感謝のきわみでござる。

やっぱりTRPGネタは盛り上がるなあ。

終了後に各なべを見てみると、綺麗にかたづいているもの焦げまくっているものさまざま。
うちの卓は汁が大量に残っていた。

どうやら他の宅が肉三皿なところもあるのにたいし。うちは六皿突破。
その分の肉汁が残ってしまったらしい。

食べ過ぎました。すいません。


とても楽しかったです。札幌オフまた機会があればぜひ。
 

 

基本、一番の新参なので控え目に。苦しい仕事は率先して引き受ける。


よっと(大荷物を担ぎながら)ああ、幽ちゃん、こっちは引き受けた。気にすんな、俺ら友達だろうが。 

桜に舞う女性陣らはそのままに。バーベキューの設営を行う。
しかし…これだけの生肉、腐らせるのは勿体ない。全て焼かないと。
稲荷寿司や生子の分もあるし、俺のこさえたおにぎりや唐揚げとか卵焼きは俺の夜食に転用、後回しだな…
しかし杏梨さんの持ってきた敷物、センスがいい。そういうの気配り、俺にはできそうもない。

生子の料理の多彩さ、色彩の豊かさに舌を巻く。
男の料理というのは味はともかく見た目が悪くていけない。

野菜や肉をどんどん串に刺して焼き上げる。
ああ、生子。多い分は君のと、肉を優先させよう。
弥紗や杏梨さんもそちらからお願いします。
…だが定番で悪いが、野菜も残さず食えよ? …ちょっと鍋奉行が見え隠れしたり。

俺? ありがとう。ではその恋香茶を頂こうか。

余興はネタの持ち合わせがないんだ。
こっちは片づけておくから、皆のんびり楽しんで欲しい。幽ちゃんも帰りもあるから今は休んでくれ。

戦闘は意外にも後衛、一度自身に黒燐装甲で回復量アップ、
他の後衛が怪我した場合黒燐装甲で回復。
他の後衛(女性陣)に戦闘に専念してもらうのが目的。

本音は宗吾さんの剣を、銀誓館を代表する剣を、
この目に焼き付けておかんがため。

いつか、俺も…

 


いい夕焼けだな、さあ、帰ろうか。


~~~~~~~~~
【特殊空間突入まで】
待機。納屋の周辺に隠れ、すぐに突入できるよう。
作戦上あらかじめイグニッションしておこう。納屋と囮班から目を離さないようにしておく。

囮班の合図とともに納屋へ走る。
「ああ、間に合ってくれよ」囮メンバーを孤立させるわけにはいかない。

遅れているものがいたら手をつないで、引き寄せる。自分が遅れているのなら飛び込むようにジャンプして突入。

【突入後】

1ラウンドは走りながら黒燐奏甲。俺の役割は囚われた女性の保護と護衛。。

「みんな、頼むぞ!」

敵には気にも留めず、二階へ駆け上がる

「助けに来ました、もう大丈夫です!」

強めて明るい声で女性たちに声をかけよう。

「みなさん一か所に集まって。今何人捕まっているんですか?」

時折一回の様子を見ながら女性たちを励ましておく。

「大丈夫、安心して下さい」


地縛霊を倒したら、
「今からここから脱出します、みなさん絶対離れないで俺たちと一緒にきてください」
仲間には女性の数を伝えておく。


ない事を願うが、階下の仲間に声かけ。「戦えなくなったらすぐ上に来るんだ。入れ替わりに俺が行く」
誰かと交代したら基本、階下でダークハンド。怪我した人がいたら黒燐奏甲。
自分のHPが5割を切れば旋剣の構え。
 

【戦闘終了後】
 
女性たちを見送りながら

亜希さんへ「やっぱり、同じ女性のほうが彼女たちの安心感も違いますね。ありがとうございます」
銀夜へ「やさしいんだな、銀夜は。俺も一緒に祈ろう」


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/09 NONAME]
[04/06 竜宮寺]
[04/06 久垣]
[04/06 柳薙 ]
[04/05 菘樹]
最新TB
(10/01)
プロフィール
HN:
南雲レイジ
年齢:
24
性別:
男性
誕生日:
1993/02/15
職業:
銀誓館学園高等部在学
趣味:
剣道、料理
バーコード
ブログ内検索
P R